オオクワガタのメスが大型化してます

国産オオクワガタ阿古谷産にハマって8年になりますがまだまだ未熟で
理想とするような究極のオオクワガタを誕生させることは出来ていません。

ここ数年は大型メスが数多く出るようになった。
5年くらい前までは45mm超えるのが大変だった。
どの血統も50mmクラスが珍しくなくなってしまったのはなぜか不思議?
血統だとは思いますがメスが大きくなるブリード方法があるのか調べて
見る必要がありそうです。
「今年はまだ45mm以下のメスは出てない無いですね」
ただし、オスは普通のサイズ(70~75mm)で羽化しているので不思議なんですよね。
特別なことやってる訳でも無いですしね。
皆さんと意見交換しながら良いブリード方法が見つけられたら幸いです^^)

下の写真は1月末に羽化した新成虫「Super King」管理:NoSKGーB-CBF2ー015
51.2mm(顎閉49.8mm)頭幅15.3mm 胸幅20.6mm 2012/1/末羽化
SKG-B-CBF2-015_1SKG-B-CBF2-015_2
サムネイルですので写真をクリックすると拡大します。
スポンサーサイト

2012年初掘り出し

豊夢の所在地は雪が15cmくらい積もって白銀の世界です。
時間が取れたので昨年末に羽化した成虫の掘り出しをやりました。
左の写真は♂3頭+♀5頭 
中の写真はSuper Kingの♀です。50.1mm(閉49mm)
右の写真は46mm級との比較
♂は普通サイズですがもう少し落しお着かせてから計測します。
♀が3頭中3頭が49mm以上でしたのでアベレージ高そうかも。
残り2頭ですかGORDON-Rの♀早期羽化でした。
♀も50mmを超えると別物に見えるのはなぜですかね?

↓下の写真をクリックすると拡大します。
2012年初掘り出しSuper King♀メスの大きさ比較


蛹化って不思議ですよね

クワガタ・カブトムシの変態するのはいつ見ても神秘的だと思う。
仮面ライダーの変身のようですよね。
芋虫のような幼虫から何で蛹になるのか不思議ですよね。
体液がDNAの指令で形成されると言われてますが。
脱皮した皮がいつもお尻のあたりに丸まって「変身」したよ
我々に語りかけてくれます。
私も「よく完全に蛹になったね」と言ってあげると
お尻を振って答えてくれると嬉しくなります。
愛情や情熱を注ぐと虫も判ってくれると私は思ってます(笑)
1ヶ月後に無事羽化して対面しようね・・・・・^^

下の写真はSuper Kingの蛹です。をクリックすると拡大します。
前蛹蛹化

爆産棒の結果

オオクワキングさんの爆産棒の結果
5セット組んで1セットしか産卵しませんでした。
時期が時期だけに難しいとは思いましたが意外な結果で残念でした。
単に私の産卵テクニックが下手だったからだとは思いますのでこの
結果を鵜呑みにしないでください。
ただし、通常のぼた木産卵木の幼虫より大きいと感じました。
カワラブロックと差が無いように感じたのは私だけ?

師匠のブログで菌糸や産卵マットの使用済みの処理はどうしているのか?
と問いかけがありましたね。
私は状態の良いものはコンテナに回収して再利用してます。
産卵した材やマットにはバクテリアが豊富だと考えているからです。
カリスマ元木氏も師匠も材飼育で羽化した使用済み材はバクテリアが
豊富だと言っていますしね。産卵セットに再利用しています。
初回産卵セットに入れてやると産卵成功率がアップするからです。
使用済み菌糸マットどうしてるかですか?
産卵後の産卵木を埋め込むのに使います。
水分量が適度と栄養素がまだあるから幼虫が材から出ても育ちが良いと
考えているからです。
なるべく無駄にしたく無いからです。「もったいない」
菌糸ビンだって無駄にしませんよ^^洗浄して再利用してます。

今日の一言「自然の恵みを無駄にするな!」

爆産棒結果1爆産棒結果2

ブリード中の種親 super King

東北大震災の災害で非難生活をして大変な思いをしている人達にくらべて
我が家は不自由なく生活が出来ることに本当にありがたいと感じるこのごろ・・・・・
先週は商品を通販で購入して義援金を寄付したり少しでも役に立ててもらいたいと言う
思いです。新品の毛布を市役所に持っていったり家族で出来ること考え実行しております。
朝目覚めると・・・今日も家族元気に顔を揃えられる幸せを感じております。
クワ友さんの安否情報にホットするこのごろです。

先週から10日ぶりに飼育を再開しました。
餌交換したり、産卵セットしたり、菌糸ビン交換したり、成虫を掘り出したり・・・・・・
写真はペアリングを終えて休養中のsuper Kingの種親兄弟です。
顎厚な重厚なお気に入りのかこいい固体です。(自己満足)

被災地の皆さん「復興に向けてがんばってください!」微力ながらエールを送り続けます。
これからも微力ながら協力したいと思っているクワガタ趣味人です。
被災地の人が笑顔で見てくれる日が早く来るように願っております。

ブリード中の種親
プロフィール

豊夢(トム)

Author:豊夢(トム)
ランキングUPにご協力願います
↓1回クリックしてください。
にほんブログ村 その他ペットブログ オオクワガタへ
にほんブログ村

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
最近の記事
最近のコメント
Poodle時計(Black)
RSSフィード